矯正治療(歯列矯正)

 

ライフステージごとの矯正治療

幼児期の矯正治療

幼児期の矯正治療は、早期に治療を開始することで、あごが正しく成長することを導きやすいというメリットがあります。そもそも歯並びが悪くなってしまうことの根本的な部分に、顎の成長が悪く、歯の並ぶスペースが確保されないことがあげられます。
永久歯が生え揃う時に、あごが理想的に成長し、歯の並ぶスペースがしっかり確保されていれば、歯がきれいに並び、正しいかみ合わせになりやすいのです。

つまり将来的に大掛かりな治療が必要になってしまったり、受け口のまま下のあごが成長しすぎて骨切り手術を希望するなどを避けられる可能性も高まります。そのための下地作りをこの時期から行うわけです。
また、幼児期の場合には取り外し式の装置で治療することができます。
主に口腔習癖の改善やお口周りの筋機能訓練などを行い、歯の成長、あごの成長に悪影響のある癖などを改善します。

小学生の矯正治療

この時期は成長期であり、あごの骨も成長していく時期です。

この成長期に、成長の力を利用して正しいあごの成長を導き、歯の並ぶスペースを確保することができれば、将来、抜歯矯正をしなくても、歯をキレイに並べられる可能性が高まります。

正しいあごの成長は、美しい側貌にもつながる要素です。

小学1~2年生の時期

この時期の矯正治療では、成長の力を利用し、あごの骨の正しい成長を促し、永久歯がキレイに並ぶためのスペースを確保する治療を行います。また、この時期は上下の前歯や奥歯が生えてくる時期ですが、上の前歯が下の前歯がかぶさってしまう場合(受け口)がありますので、歯医者でしっかりチェックしながら、正しい生え変わりを導いていきましょう。

小学3~4年生の時期

この時期くらいまでに、受け口を予防したり、出っ歯を予防したり、歯の並ぶスペースを確保する治療をしておかないと、だんだんとあごの成長が終わっていき、受け口、出っ歯、叢生の治療は、大人同様の本格的な治療を必要とするようになっていきます。できることならこの時期までに治療を進めておくことがよいでしょう。

小学5~6年生の時期

6年生くらいまでに永久歯が生えそろってくるため、矯正治療は大人の治療同様の方法となっていきます。

中高生の矯正治療

中高生になると、永久歯が生えそろっており、基本的に大人の矯正治療の場合と同じ矯正装置によって治療を行います。ただ、大人の矯正との違いとして、「成長がまだ続いている時期」ということもあり、治療スピードが早く、治療期間を短くできるだけでなく、きれいな顔立ち、きれいな見た目にできる可能性も残されています。
また、多感な時期にコンプレックスを感じることが無くなる可能性があり、自分に自信が持て、よりすばらしい人生を送ることができることにつながることが期待できる時期の治療でもあります。

成人の矯正治療

成人の矯正治療では、上下のあごの位置関係や大きさ、歯や歯周組織の健康状態などが、お一人おひとり大きく変わってきます。そのため、かみ合わせ、虫歯、歯周病などの精密な検査を行い、お一人おひとりに最も合った矯正治療を行う必要があります。また、お仕事(人前に出るなど)や、経済状況などの背景も考慮しながら、患者様とよく話し合って、治療方法を決定します。