診療内容

小児歯科

診療において最も大切にしていること

強引な治療や、恐怖心を芽生えさせるような治療は行いません。

当院では、お子さまに恐怖心を与えず、不安な気持ちにさせない接遇と治療を心がけています。

もし、強引に口の中を検診したり、力ずくで治療したりしてしまえば、お子さまの心のなかに恐怖心が芽生えます。そして歯科医院嫌いの大人に成長してしまいます。そうすれば虫歯予防はおろか、歯が痛み始めても歯科医院から足が遠のき、口腔内環境は悪化する一方となってしまいます。

お子様には施術は怖いものではなく必要なものだと理解していただき、治療を行います。

逆に、小さい頃から通院を習慣化すれば、健康な歯を維持する大人へと成長することが期待できます。

そこで、当院では院長が笑顔を絶やさず、なおかつ根気よく、お子さまと接します。初診時は診察室に入室後、室内の雰囲気に慣れていただくだけにします。そこから、時間をかけて施術の必要性を分かりやすく説明し、お子さま自身がしっかりと納得したうえで初めて、治療を受けていただきます。

丁寧に対応し続ければ、やがて自分から率先して治療に取り組むようになりますし、一人で診察室に入って治療を待つ準備をするようにもなると思います。お子さまの虫歯予防および治療はぜひ、当院にお任せください。

歯周病治療

診療において最も大切にしていること

歯周病の予防と治療のための歯磨きしやすい口内環境づくりに努めます。

歯周病の予防にはもちろん、治療にも毎日の歯磨きが大切です。

歯周病はプラークに含まれる細菌によって引き起こされます。このプラークはお薬での除去は困難なため、機械的に除去する必要があります。歯周病が進行すると歯を支えている骨を溶かしてしまい、だんだん歯が動くようになり、最後には歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気です。

セルフケアと合わせて歯科医院での治療や歯石取りなどが大切。

歯周病の患者様の中には、しっかりと歯を磨いているつもりでも、十分に汚れを除去できていない部分ができているといったケースが少なくありません。
患者様ご自身によるブラッシング方法を正しい磨き方にするためのご指導をさせて頂き、並行して歯石除去などの治療を歯科医院で定期的に行うことで、歯周病をこれ以上悪くならないように、歯を支える骨がこれ以上溶かされてしまわないように、まずは進行を止めることが大切です。

虫歯治療

診療において最も大切にしていること

可能な限り痛みに配慮して治療を行います。
当院では、治療の際の痛みに可能な限り配慮した治療を行っています。麻酔に加え、痛みをできる限り抑えた治療をご提供できるよう努めています。まず初めに「表面麻酔」を使用して、麻酔をする部分を十分にしびれさせます。こうすることで、麻酔を注射する時の痛みを極限まで抑えます。

また麻酔薬はゆっくりと注入します。ゆっくり注射することで麻酔時の不快感や痛みを抑えることが可能となります。
 

可能な限り削る量を少なく、神経を残せるよう、歯を残せるよう努力いたします。

また、当院では、できるだけ歯を削る量を少なく治療します。一度削った歯は元に戻りませんし、削る量が多くなるほど、歯の寿命に近づくからです。同様に神経を残す努力も惜しみません。神経を取ると歯は枯れ木のようになり、その分だけ寿命が近づいてしまいます。

当院では、歯を残すことに徹底してこだわる治療を行っています。

口腔外科

診療において最も大切にしていること

親知らずの抜歯やインプラント手術が代表的です。

当院では、口腔外科手術にも対応しております。ベテランの歯科医師が治療を担当します。代表的なものでは親知らずの抜歯があります。親知らずの抜歯も得意な歯科医師と不得意な歯科医師では、扱える症例の範囲も変わってきます。

また、当院では特に非常に難しいリスクを伴う症例では、無理をすることなく、口腔外科のある提携病院をご紹介しております。

嚢胞の切除から口腔がんの早期発見まで。

その他、歯根や顎骨部分の嚢胞の切除や、ガマ腫など、口腔外科の治療は多岐にわたります。また、口腔がんの早期発見にもつながることがあります。

口腔がんが発見されたり、怪しい所見が見つかった際には、定見病院をご紹介させて頂いております。

義歯(入れ歯)

診療において最も大切にしていること

痛い・噛めない・外れるなどの不具合を改善。

入れ歯の主訴として、「入れ歯が痛い」「入れ歯で良く噛めない」「入れ歯が外れてしまう」などが代表的です。

これらのことがある場合には食事も憂鬱になってしまいます。ほとんどが入れ歯が合わないことに起因します。

型どりの際に噛み合わせを重要視。

当院では特に「型取り」を慎重に行います。型取りで失敗すると合わない入れ歯が出来上がってしまうのです。また噛み合わせも重要になってきます。

特に難しいと思われるケースでの入れ歯は、歯科医師自らが、歯を並べたり、患者様と何度も相談し、より快適にフィットし、なおかつ口元が美しく見えるように、突き詰めて制作しております。

このようにして、しっかり噛める入れ歯を提供できるよう、快適な入れ歯への追求心と探究心を常に持ち続けています。

審美治療

診療において最も大切にしていること

歯の色、形、前歯のすき間、銀歯など。患者様のご要望にお応えします。

当院では、歯の色、歯の形、前歯のすき間、劣化した銀歯や銀歯の見た目、金属アレルギーなど、歯に見た目やそれに付帯したお悩みの解決のために、歯科審美治療、自然な白さの歯のセラミック治療に対応しています。

審美治療は保険適用外の治療ではありますが、その自然で美しい見た目に満足される患者様も多く、近年増加傾向にあります。

セラミックやジルコニア素材による自然な白さの詰め物や被せ物。

セラミック治療とは、陶器にも使われる素材と同様の「セラミック」や人工ダイヤモンドともいわれる「ジルコニア」などを使用して、天然の歯と見分けがつかないくらいの審美性を追求する治療です。

また、見た目だけでなく、金属アレルギーの心配がないことや、経年で劣化しないことなどのメリット、そして二次虫歯にリスクが銀歯による治療よりも抑えられるメリットもあります。